販売代理店契約

販売代理店契約とは

 製造メーカー(売主、ベンダー、サプライヤー)が、ある地域における顧客に、製品等を継続して売買する契約を結ぶにあたり、販売代理店が、当該製品の販売活動を製造メーカー等のために行い、売買が成立することについての販売手数料(コミッション)を得ることを内容とする契約のことをいいます。英語では、AGENCY AGREEMENT といいます。

 「販売代理店契約」と間違えやすいものとして「販売店契約」があります。「販売店契約」では、販売店は製品を買い取り、在庫リスクを負った上で販売に際して仕入れと販売価格の差額をそのまま利益とします。それに対して、「販売代理店契約」は、代理店は、在庫リスクを負わず、当該製品の販売活動を製造メーカーのために行い、その対価として販売手数料(コミッション)を得るという違いがあります。

販売代理店契約のポイント

独占的  /  非独占的販売代理店の区別  (exclusive / non-exclusive)当該地域における独占的または非独占的   販売代理店の区別がされているか。

代理店(=代理人または仲介人)の権限の範囲  売買契約を成立させる権限や、代金受領権限など範囲が明確であるか。

競合禁止条項  競合禁止条項(Non-Competition)によって、当該製品の競合品を販売代理店が売ることを禁止する場合に明記する。

再販売店条項  再販売店条項(Reseller)によって、販売店側が、リセラー(再販売店)を起用することができるかどうかを明記する。

保証・クレーム  (Warranty)製品の保証責任はどうなっているのか、クレームが生じた場合の処理はどうするか。

トレードマーク・商標等の利用 (Trademark)トレードマーク・商標等の利用についての制限を明記する。